選択肢その2

楽天ヘアケアNO1!プレミアムブラックシャンプー
>> 詳しくはこちら

選択肢その3

女性向けのヘアケア・自然派シャンプーの花しゃん
>> 詳しくはこちら

選択肢その1

完全返金保証付き!ウーマシャンプー
>> 詳しくはこちら


キツイ薬を使うよりもまずは使っているシャンプーを変えましょう

脂漏性湿疹の治療はたくさんの治療法がありますが ほとんどは薬で治すようにと勧められます。 しかしキツイ薬を使って治すよりも 普段から使っているシャンプーを 頭皮用シャンプーに変えてみてください。 オススメの頭皮用シャンプーなども 紹介しているので新しい治療方法が見つかります!

脂漏性皮膚炎(フケ症)とアルコールの関係

アルコールを日々たしなんでいる人も多いでしょう。その中にはフケ症に悩まされている人も少なくないと思います。一見関係がないように思われるこの2つですが、じつは密接な関わりがある可能性があります。とくに脂漏性皮膚炎がもたらすフケ症の場合、アルコールが原因の背景に潜んでいる可能性が高いのです。

ではなぜアルコールがフケ症の原因となるのでしょうか。まずアルコールの分解が結果して皮脂の分泌量を増やしてしまう点が挙げられます。アルコールを摂取すると体内で分解されるわけですが、その際に血中の酸素をはじめ、体内のさまざまな栄養素や物質が使用・消費されることになります。その結果、頭皮が栄養不足の状態となり、乾燥したり、バリア機能が低下するケースが多くなります。それをカバーするために皮脂の分泌量が増加してしまうのです。アルコールの摂取量が多ければ多いほどこの問題が大きくなってしまうことになります。

もうひとつはビタミンB2との関わり。このビタミンは脂漏性皮膚炎の予防・改善に重要な役割を果たす成分として知られています。糖分や脂肪分の代謝に関わっているため、不足すると代謝も不十分になり、その結果として皮脂の分泌量が増加してしまうのです。アルコールを摂取することで体内のビタミンB2が消費されていくため、不足しがちになってしまうのです。

このように、アルコールは間接的ではあるものの、密接な形で脂漏性皮膚炎と関わっています。フケ症がなかなか治らずに悩んでいる人はまず禁酒からはじめてみてはいかがでしょうか。

 
Copyright © 2012 脂漏性湿疹の治療は薬より先にシャンプー変更から. All rights reserved